函館市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる高断熱住宅

外観写真
「冬あたたかく、夏は涼しい。冷暖房費を抑えた快適な暮らし」の実現。
さらに家じゅうの温度差がほぼなく、どこにいても快適な家が理想です。
そのためにも室内の熱を逃さない工夫=高い断熱性能が必要です。
快適な住まいの条件の一つに、「部屋の中が常に適温に保たれていること」が挙げられます。いくらデザインが優れている住宅でも、夏は暑くて冬は寒い住宅では意味がありません。理想的な“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことも重要になります。R+house函館では高気密・高断熱の住宅を提供します。

R+house函館はUA値0.28が標準

R+house函館では国の基準やZEHの基準をはるかに上回る、全国トップクラスの断熱性能 HEAT20 G2グレード(UA値0.28)が標準仕様です。光熱費を削減し、1年中快適に過ごすことができる住宅を提供します。

⾼断熱の指標となる「UA値」

断熱性能を表す指標としてUA値というものがあり、数値が小さいほど断熱性が高いことを表します。このUA値をもとに、断熱性が高い方から断熱性能等級7~1が定められています。 最高水準の等級6〜7が、R+house函館の標準です。
断熱等級

R+houseの断熱性能 HEAT20 G2グレードが標準仕様

また、UA値の基準は地域によって異なります。地域によって気候が異なるためです。函館市は、3地域という区分に分類されます。
UA値

さらに同じ3地域でも、省エネ基準によってUA値で求められる基準も異なります。 よく言われるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、3地域だとUA値0.50を下回る家づくりが求められます。私たちR+house函館では国の基準やZEHの基準をはるかに上回る全国トップクラスの断熱性能HEAT20 G2グレード(UA値0.28)を標準仕様としています。
>>高断熱に不可欠なR+house函館の高気密住宅を詳しく見る

R+house函館が提供する高断熱住宅のメリット

R+house函館が提供する高断熱住宅は、外からの熱の伝わりを少なくすることで外気温の影響を受けずに室内の温度を一定に保つことができ、一年中快適に過ごすことができます。また、冷暖房効率アップによる省エネ効果や暖冷房費の節約にも繋がります。さらに、心臓や血管に負担のかかるヒートショックのリスクを軽減することができ、健康面でもメリットがあります。

高断熱住宅に欠かせない部材・設備

断熱材:旭化成「ネオマフォーム」

断熱材

断熱をきちんと考えるならネオマフォーム

断熱材はこれからずっと暮らしていく家の大切な構成要素。高性能で安心できる断熱材を選ぶことが大切です。

長期断熱性能で長く使える

家は一度建てたら何十年も暮らしていくもの。
だから、長く使っても性能が落ちにくい断熱材を選ぶことが大切です。
ネオマフォームは長期性能もしっかりと試験。長く安心して使って頂ける断熱材です。

ネオマフォームの熱伝導率はλ=0.020[W/(m・K)]

ネオマフォームの熱伝導率は、数ある断熱材の中でもトップクラスのλ=0.020[W/(m・K)]
他の断熱材に比べて、同じ厚さでも高い断熱性能を発揮します。

耐燃焼性能で燃えにくい

フェノールだから燃えにくい。
フェノール樹脂は熱硬化性で、熱に強く燃えにくい。
炎を当てても炭化するだけで、燃え上がることはありません。

環境にやさしい素材

地球環境のことをしっかりと考えた断熱材。
ネオマフォームは、発売当初より、ノンフロン発泡で生産。
工場内や出荷後のリサイクルにも取り組んでいます。

断熱性能を高める「高性能トリプルガラス樹脂窓」

窓
高性能トリプルガラスによる世界トップクラスの断熱性能と高いデザイン性をもち合わせた窓です。窓から住宅を高断熱化することで、エネルギー消費の削減はもちろん、室内の温熱環境を改善し快適な住環境を実現させます。

高い気密性ですき間をつくらず窓から熱が逃げるのを防ぎます。

ガラスもフレームも冷たくならない。

住まいの結露をサラリと解決。
結露を防ぐには、室内の暖かな空気と、窓の表面温度の差を小さくする高い断熱性能が必要となります。樹脂窓なら、室内側のガラスやフレームに触れてもヒヤリとするような冷たさを感じません。
#省エネ住宅
#注文住宅
#新築
#高断熱
#長期優良
#ZEH
#HEAT20 G2
#性能

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house函館の家づくりの流れ
私たちのR+house函館の家づくりの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house函館の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.13

函館市で新築を建てるなら平屋がおすすめ!

R+house函館の家づくり写真
お金
2024.01.24

函館市の新築住宅の補助金を徹底解説!函館市の支援制度も!

R+house函館の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.24

ハザードマップで見る、函館市で水害のある、地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

R+house函館の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.24

【函館市】平屋と二階建てはどっちがいい?それぞれのメリットやデメリットと違いを比較

R+house函館の家づくり写真

お問合せ
個別で家づくりのご相談を承ります

R+house函館
住所
北海道函館市宮前町9-20
営業時間
09:00~18:00