函館市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

函館市で新築を建てるなら平屋がおすすめ!

家づくりノウハウ
公開日:2024.02.13
最終更新日:2024.02.13
R+house函館の家づくり写真
R+house函館の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.02.13
最終更新日:2024.02.13

函館市で新築を建てるなら平屋がおすすめ!

平屋写真
近年、平屋は若年層を中心に注目を集めています。今回は、平屋の魅力に迫るとともに、取り入れたい間取りのアイデア、考慮すべきポイントなどをまとめました。函館市で平屋の建築を検討している方にとって、有益な情報が満載です。内容を参考に、オシャレで住みやすい平屋を建てませんか。

目 次

新築で平屋を建てよう!ワンフロアが平屋ならではの魅力

1階建ての家である平屋。2階がないからこその魅力がたくさんあります。ここでは、特に注目したい魅力に迫っていきましょう。

生活動線の効率がいい

ワンフロアで生活が完結するため、生活動線を効率よくまとめられます。なかでも、面倒に感じてしまいがちである階段の上り下りがありません。洗濯を例に見てみましょう。1階で洗濯して、2階のベランダに干し、乾いた洗濯物を1階にしまう…というような動きがカットできるのです。

生活スタイルの変化に柔軟に対応できる

平屋は、高齢者や子どもにとって生活しやすい家です。というのも、階段がないゆえに「高齢で階段を上るのが大変」「子どもが階段から転落しそうで怖い」という不安要素が少ないため。平屋なら空き部屋を活用しやすいので、将来「子どもが巣立って2階の子ども部屋が物置になっている」という事態も回避できるでしょう。

家の形を自由に設計しやすい

家の形を自由に設計できるのも、平屋ならでは。2階がないことで、L字型やコの字型、ロの字型といった形が実現できます。庭を囲むような形をとれるため、生活のすぐそばで自然を感じられるのも魅力です。
さらに、天井を高くする・屋根を大きくして個性的な外観にする、といった要望も叶います。
また、自由に設計できる平屋の間取りは住空間の設計に優れた専門家に任せることで、さらにメリットを最大限に活かすことができ、且つコストも最適化できる場合があります。
R+house函館では、建築家と共に設計・プランニングをおこないますので、お客様の希望以上のマイホームをご提供いたします。

新築で平屋を建てる際の考慮ポイント

魅力あふれる平屋ですが、建てるときにいくつか考慮しておきたいポイントがあります。「思っていたより住みにくかった」とならないよう、以下の点に注意してプランニングしてください。

函館市で平屋を建てられる土地

平屋で快適に生活するには、広い土地を確保しなければなりません。国土交通省が発表している2人以上の世帯の居住面積水準は、「25㎡×世帯人数+25㎡」となっています。4人家族であれば、125㎡(およそ38坪)必要です。
もう1つ頭に入れておきたいのが、土地の「建ぺい率」。建ぺい率とは、土地の広さに対する建築面積の割合です。例えば、80坪で建ぺい率が50%の土地の場合、家の建築面積は40坪以内となります。
つまり、快適に過ごせる平屋を建てるには、土地の広さと建ぺい率が居住面積をカバーできるか考慮しなくてはなりません。

光や風を取り込む工夫


平屋を建てる際に気をつけたいのが、採光と風通しです。平屋は高さがないため、周辺に高い建物があると暗くなりがちに。環境によっては風通しも悪くなってしまうでしょう。そのため、土地探しの段階で周辺の状況を確認してください。
また、天窓を設ける・庭を取り囲むような形にするといった工夫をするのもおすすめです。家全体が明るくオシャレな雰囲気になります。

プライバシー保護や防犯対策


平屋は、外から家の中が目につきやすい点が懸念されます。外からリビングが丸見えだと、心おきなくリラックスできません。プライバシーを守るためにも、外からの見え方も意識して間取りを考えましょう。
併せて考慮すべきなのは、防犯対策です。平屋は外から家の中の状況を把握されやすく、すべての出入り口に近づけることから、空き巣のターゲットになりやすい傾向があります。外庭やフェンスを建てるなど、外構にもこだわることで安心できる快適な住まいに近付けることができますので、併せて検討するのが良いでしょう。
また防犯ガラスやセンサーライトなどを設置するなど、防犯対策の強化もひとつの方法です。

注文住宅で平屋を建てよう!真似したい間取り・アイデア

ここからは、平屋の間取りやアイデアを見ていきましょう。

コの字型4LDKで家族のプライベート空間を重視


LDKを家の中心に据え、両サイドに洋室や和室、裏側に浴室・洗面室を配置する間取りです。コの字の凹んでいる部分に中庭を設けることで、リビングと庭に一体感が生まれます。
また、リビングの両サイドに個室を設けることで適度な距離感が生まれ、プライベート空間を確保。家族の視線を気にせず、趣味や勉強に打ち込めるでしょう。
さらに、LDKのすぐ近くに浴室や洗面室を配置すると、家事動線の効率化が目指せます。

回遊動線を取り入れた間取り


回遊動線とは、行き止まりがなく家の中をぐるりと回れる動線です。
一例を見てみましょう。家の中心に収納スペースを設置し、周りに玄関・LDK・洗面室・浴室・洋室・和室を配置。収納スペースの周囲を回遊できるようにすれば、行き止まりがなく、どの部屋にもアクセスしやすくなります。
また、収納スペースを中心に据えるのもポイントです。掃除用具や荷物を置いておける収納が各部屋の中心にあれば、片付けが面倒にならず、生活感も出にくいでしょう。

通路を活用してファミリークローゼットに


寝室と浴室をつなぐ通路をファミリークローゼットにするアイデアです。通路と収納を兼ねることで、スペースの節約が実現。空間が縦長のため、収納ボックスを家族分並べられたり、衣服をハンガーにかけたまま収納できたりと、利便性の高さも魅力です。
さらに、寝室の近くにファミリークローゼットがあると、「起床後にパジャマを着替えてリビングに行く」という動作もスムーズになります。

函館市周辺で新築の平屋を建てるのにおすすめのエリア&坪単価情報

平屋を建てるには、広い土地が必要であるとお伝えしました。そうなると気になるのが坪単価。坪単価が高いと、必然的に土地購入費用も高くなります。
最後に、函館市・函館市周辺のエリア情報とともに、それぞれの坪単価をご紹介します。
なお坪単価は、国土交通省の「土地総合情報システム」に掲載されている不動産取引価格情報を基に記載しています。

函館市の土地


函館市は、自然の豊かさと都会への良好なアクセスを兼ね備えている街です。
3つの海に囲まれた函館は、対馬暖流の影響により海洋性気候のため、北海道でありながらも比較的積雪量も穏やかであるのが特徴です。
一方、東日本の主要都市と結ぶ北海道新幹線や東京・大阪・名古屋の3大都市はもちろん、台北と結ぶ航空路など、交通網が充実しています。

坪単価

函館市の坪単価は、平均16万円となっています。函館市内の商業地域などでは土地価格が僅かに下落傾向にありますが、函館市のお隣七飯町など函館市近郊の利便性の高い場所では需要が高まっています。

R+house函館で建てる平屋

若年層や子育て世代に人気が高まっている平屋住宅。R+houseだからこそ実現する平屋で暮らすメリットと、R+houseで建築した平屋の実例をご紹介。
#北海道函館市#平屋 #建築家 #注文住宅 #新築 #R+house #高気密 #高耐震 #高断熱

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house函館の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.24

【函館市】平屋と二階建てはどっちがいい?それぞれのメリットやデメリットと違いを比較

R+house函館の家づくり写真
お金
2024.01.24

函館市の新築住宅の補助金を徹底解説!函館市の支援制度も!

R+house函館の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.24

ハザードマップで見る、函館市で水害のある、地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

R+house函館の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.24

24時間熱交換型換気システム【澄家】と空調システム【MAHBEX涼暖】

前へ
【函館市】平屋と二階建てはどっちがいい?それぞれのメリットやデメリットと違いを比較
【函館市】平屋と二階建てはどっちがいい?それぞれのメリットやデメリットと違いを比較

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house函館の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house函館の家づくり写真

お問合せ
個別で家づくりのご相談を承ります

R+house函館
住所
北海道函館市宮前町9-20
営業時間
09:00~18:00