住宅の省エネ化は必須対策!

住宅の省エネ化は必須対策!

脱炭素化に向けていよいよ省エネ性能の認定基準が変更されました。
2025年には省エネ基準への適合が義務化され、2025年度以降は
住宅を含む全ての新築の建物が断熱材の厚さや窓の構造などの
基準を満たすことが求められるようになります。
つまり、省エネ基準以上の断熱性能を有していない住宅は新築することができないのです。
2030年には義務化の基準がZEH基準レベルへ引き上げられる予定であり、
建築物分野での省エネ対策が加速しています!


R+houseのお家はHEAT20-G2グレードを基準としているので、
2030年にZEH基準レベルに引き上げられたとしても、
現在の性能値で十分クリアできるのです!


これから新築住宅の購入を検討される方は、
省エネ性能に関しては注意してご検討してくださいね!